ぎっくり腰の対処法 6/12(水) ご予約に空きがございます。

痛みが強い場合には、腰に負担がかからない楽な姿勢をとるようにします。
膝を軽く曲げて横向きに寝る・あおむけに寝て膝の下にクッションを入れる。などがお勧めです。
かつては安静にすることが大切だと言われていましたが、ずっと動かないでいることは、腰痛を悪化させる原因となることがわかってきました。
ほとんどの場合2~3日ほどで痛みが軽くなるので、それからはできる範囲で動きます。
動かせる部分は積極的に動かすようにしましょう。
じっとしていても痛んだり、日に日に痛みが強くなる場合、脚のしびれや排尿障害を伴うような場合には、ほかの病気によって腰痛が起きている可能性があります。

急性腰痛症を経験すると、その後の1年間で約1/4の方が再発すると言われています。
腰に負担がかかるような無理な姿勢をとらない・ストレスを軽減する・適度な運動を行う・腰への負担を減らすため肥満を防ぐ、など、日常生活のなかで再発予防に取り組むことが大切です。

ご予約状況です。6/12(水)
10時〇 11時〇 12時〇 13時〇 14時〇 15時〇
16時〇 17時〇 18時〇 19時〇 20時- 21時-

(受付人数 〇2名様 △1名様  -受付終了) 

リフレッシュタイム 10時~13時  
60分コース以上 10%Off W割 20%Off  
10時以降のお時間で、2名様お受けできます。
アジサイ15

☆ウィークデーキャンペーーーン!!!平日限定 (月~金)
全コース10%Off 実施中です。
この画面をご提示いただくか、ご予約の際、
ブログ(HP)を見たとお伝えください。 
(期限2013/6/14)

ランキングに参加しています。ぜひご覧ください。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

大山指圧マッサージ治療院

Author:大山指圧マッサージ治療院
ご予約・お問合せ 03-5966-5553
大山の地で、開院してはや、15年になります。「地域の皆様の笑顔が、私たちの何よりも励みとなります」を、モットーに、国家資格者による施術をしてまいりました。
その間、多くのスタッフにも恵まれ、指圧マッサージを通して、皆様の健康管理のお役にたてるよう、今後ともスタッフ一同、努力してまいります。
日本はもとより世界的にも期待が高まっている東洋療法(はり・きゅう・あん摩マッサージ指圧)。
その東洋療法を行える唯一の国家資格が、はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご覧いただきまして ありがとうございます
ぜひ、ご覧ください
フリーエリア












Twitter
Facebook
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR