FC2ブログ

腰痛は梅雨になぜ起きるのでしょうか? 6/2(日) 午後のご予約に空きがございます。

毎年、梅雨になると腰が痛み出したりと調子が悪くなる人がいます。
そのような方は、痛みがなんとなく天気に関係しているようだ、ということは自覚しているようです。
天気と関節などの痛みとの関わりについてはいろいろな説がありますが、その中のひとつに「気圧の変化」があります。
梅雨の時季は天気が不安定ですが、天気が悪くなる時に気圧が低い状態へと変化することがあります。
この気圧が下がる時に痛みが出ると言われています。
気圧が低下することで、体の血管を収縮させて血流を悪くさせ「交感神経」が刺激されます。
すると腰痛の痛みを起こしやすい部分(筋肉など)に酸素が届けられなくなるため、状態が悪化して痛みが強くなると考えられます。


ご予約状況です。6/2(日)
10時- 11時- 12時〇 13時〇 14時〇 15時〇 
16時〇 17時〇 18時〇 19時〇 20時△ 21時-
 
(受付人数 〇2名様 △1名様  -受付終了) 

14時~16時の時間帯は比較的空いていますので、
ゆったりと施術を受けたいお客様には、お勧めです。 
午後のお時間は、2名様お受けできます。

何よりも普段からのメンテナンスが大切です。
未病の段階の施術をお勧めいたします。
毎日、いろいろな企画をご用意しております。是非ご利用ください。

アジサイ2

ランキングに参加しています。よろしかったらご覧ください。
にほんブログ村 健康ブログ 腰痛・ギックリ腰へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

大山指圧マッサージ治療院

Author:大山指圧マッサージ治療院
ご予約・お問合せ 03-5966-5553
大山の地で、開院してはや、15年になります。「地域の皆様の笑顔が、私たちの何よりも励みとなります」を、モットーに、国家資格者による施術をしてまいりました。
その間、多くのスタッフにも恵まれ、指圧マッサージを通して、皆様の健康管理のお役にたてるよう、今後ともスタッフ一同、努力してまいります。
日本はもとより世界的にも期待が高まっている東洋療法(はり・きゅう・あん摩マッサージ指圧)。
その東洋療法を行える唯一の国家資格が、はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご覧いただきまして ありがとうございます
ぜひ、ご覧ください
フリーエリア












Twitter
Facebook
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR